スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

子宮卵巣のトラブルは体の緊張も原因

からだケア なのはな のホームページはここをクリック

女性は日常生活の中で知らず知らずに緊張する傾向にあります。ストレスがかかると体全体に力を入れる傾向があります。最近の女性はパソコン作業を一日中していたりで、ますます体はこわばり、固まり、凝りをためやすい傾向にあります。「私は肩はこらない」とか「私は疲れを感じない」などと言っている方もおられますが、体の緊張は肩や腰だけでなく、内臓にも影響をおよぼします。これが引き金となって、さまざまな病気を引き起こしていると考えています。とくに女性の骨盤の内側は凝りやすく、血行不良になりやすい傾向にあります。
★当院ではお客様に自宅セルフケアとして「お腹にそっと手をあてて、お腹の中の内臓と子宮・卵巣が緩むイメージの呼吸法」を指導しています。これにより、9割の女性の生理痛が軽減しています

スポンサーサイト

2013/10/25 11:46 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

生理痛・顎関節痛でお困りの方 お読みください。

生理痛の軽減

次の様なことでお困りの方、当院の施術を一度試してみたらいかがでしょう。

①医療機関で検査したけれど、「異常は見あたらない」と言われたのだが毎月のように生理痛や月経前症候群で困っている。    骨盤のズレによる可能性があります。

*まずは医療機関でしっかりと検査する事が前提で以下も記しています。

②毎月の様に月経前後大量の鎮痛剤が手放せず困っている。

③いろいろな手技療法も試したが効果がなかった。






骨盤のズレによる子宮・卵巣をささえる靭帯のバランスの悪さ(なかでも子宮後屈)が、生理痛や肌荒れに影響しているような気がします。

また月経前症候群(PMS)でお困りの方は、パソコンなどのデスクワークが仕事の方やハイヒールを履いて仕事をしている方に多く見られます。

生理痛でお困りの女性の特徴として、一般的には子宮内膜症や子宮筋腫が考えられますが
骨盤矯正と意外と簡単なケア(アドバイスいたします)を自宅でもされることで、何割かの女性は痛みが軽減できるのではと考えています


どこに行っても治らないと嘆く顎関節痛の女性が多く来院されます。当院で一番自信がある中のひとつが「顎関節痛で口が開かない・物が噛めない・偏頭痛」です。

昨年は口が開かないと歯医者さんを転々としても、どうにもならないと山口県からも来られましたが、1回で口が開くようになりました。原因は腰(顎関節痛は足首・腰・肋骨等に原因がある場合も多い)にありました。ほとんどの場合1回で口が開かない・頭痛・痛みに対応できます。ストレス社会で多くの女性が知らず知らずに顎関節痛を患っています。


生理痛・顎関節症でお困りの方 からだケアなのはなのホームページをご覧ください。ここをクリック

2013/05/07 07:46 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

生理痛・顎関節症でお困りの方必見です。


生理痛の軽減

次の様なことでお困りの方、当院の施術を一度試してみたらいかがでしょう。

①医療機関で検査したけれど、「異常は見あたらない」と言われたのだが毎月のように生理痛や月経前症候群で困っている。    骨盤のズレによる可能性があります。

*まずは医療機関でしっかりと検査する事が前提で以下も記しています。

②毎月の様に月経前後大量の鎮痛剤が手放せず困っている。

③いろいろな手技療法も試したが効果がなかった。






骨盤のズレによる子宮・卵巣をささえる靭帯のバランスの悪さ(なかでも子宮後屈)が、生理痛や肌荒れに影響しているような気がします。

また月経前症候群(PMS)でお困りの方は、パソコンなどのデスクワークが仕事の方やハイヒールを履いて仕事をしている方に多く見られます。

生理痛でお困りの女性の特徴として、一般的には子宮内膜症や子宮筋腫が考えられますが
骨盤矯正と意外と簡単なケア(アドバイスいたします)を自宅でもされることで、何割かの女性は痛みが軽減できるのではと考えています


どこに行っても治らないと嘆く顎関節痛の女性が多く来院されます。当院で一番自信がある中のひとつが「顎関節痛で口が開かない・物が噛めない・偏頭痛」です。

昨年は口が開かないと歯医者さんを転々としても、どうにもならないと山口県からも来られましたが、1回で口が開くようになりました。原因は腰(顎関節痛は足首・腰・肋骨等に原因がある場合も多い)にありました。ほとんどの場合1回で口が開かない・頭痛・痛みに対応できます。ストレス社会で多くの女性が知らず知らずに顎関節痛を患っています。


生理痛・顎関節症でお困りの方 からだケアなのはなのホームページをご覧ください。ここをクリック

2013/04/11 13:06 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

今年も 上海から通ってます。

当院の生理痛の女王、帰国する時は必ず上海から予約のメールしてきます。

先日梅雨でどしゃぶりの中来てくださいました。

上海ではなかなか生理痛改善目的のマッサージとかが見つからないみたいです。

中医学のところがあると聞いているみたいだけど、見つけるにはいたってないみたいです。

来年3月には帰国予定で、その後は「美容も兼ねて先生のところに来る」と張り切っています。

帰国後は美容整体に専念していただければ、少しは私も楽になるというものです。

2011/06/24 14:12 | 未分類COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

生理痛

生理痛について

当院の特徴
肩こり・腰痛より生理痛がお悩みで来院される女性が多い



当院のお客様の半数以上が生理痛に困り来院されます。


★ 次の様なことでお困りの方、当院の施術を一度試してみては!


①まずは医療機関でしっかりと検査してもらう事です。そして、医療機関で検査したけれど、「異常は見あたらない」と言われたのだが毎月のように生理痛や月経前症候群で困っている。 このような方は   骨盤のズレによる可能性があります。
*後も医療機関でしっかりと検査されたのを前提で記しています。


②毎月の様に月経前後大量の鎮痛剤が手放せず困っている。


③いろいろな手技療法も試したが効果がなかった。


リンパマッサージや骨盤矯正など美容で来院されたお客様から、こちらは尋ねもしないのに
なぜか不思議と「生理痛(生理前の不快症状)が軽減している」と言う言葉を聞きます。


骨盤のズレによる子宮・卵巣をささえる靭帯のバランスの悪さ(なかでも子宮後屈)が、生理痛や肌荒れに影響しているような気がします。


また月経前症候群(PMS)でお困りの方は、パソコンなどのデスクワークが仕事の方やハイヒールを履いて仕事をしている方に多く見られます。


生理痛でお困りの女性の特徴として、一般的には子宮内膜症や子宮筋腫が考えられますが、骨盤矯正と意外と簡単なケア(アドバイスいたします)を自宅でもされることで、何割かの女性は痛みが軽減できるのではと考えています。


実際、当院に来られる方はかなり生理痛が軽減しています



 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


■生理と腰痛の関係
 ①月経前緊張症
月経時の痛みには、黄体ホルモンが影響しています。
黄体ホルモンは子宮からプロンスタグランジンという子宮を収縮させる物質を分泌します。そのため、この物質の分泌が多いと、下腹部の痛みや腰痛を感じることがあるのです。


細胞内にはブラジキニン、セロトニン、ヒスタミン、プロスタグランジンなどの物質が存在します。
組織が障害されると、炎症反応を引き起こすとともに、感受性が増し興奮します。プロスタグランジンは痛みや炎症・発熱などの不快な神経シグナルを増強する作用がある この痛みが大脳に伝えられ痛みとして認識されます。




外部のさまざまな環境変化に対して一定の状態を保とうとするホメオスタシスと呼ばれる調節機能が備わっています。
その役割を担っている物質の一つが、ホルモンです。



ホメオスタシス(簡単に言えば形状記憶)について  私がもっとも大切にしている考え方です。

外部のさまざまな環境変化に対して一定の状態を保とうとするホメオスタシスと呼ばれる調節機能が備わっています。人間の体は常にベストの状態を保とうとしている形状記憶があります。生体内のさまざまな器官が、外部環境の変化や体内の生理機能の変化に対して、一定の状態を保とうとして働いています。
ホメオスタシスを担っている物質の一つが、ホルモンです。
このホメオスタシスがダイエットには大きく影響します。ダイエットを始めてもなかなか結果が出ないのはこのためです。ホメオスタシスは長くて1ヵ月間働くといわれています。だから、この間は、体重は落ちなくても気にすることはありません。リバウンドだって同じ仕組みです。ダイエットを始めて2か月くらいすると、ダイエット停滞期に入ります。この停滞期に焦って無理やり体重を落とそうとすると、体脂肪が燃えにくい体を作ってしまうのです。


ホルモンは、脳の視床下部や脳下垂体、甲状腺、膵臓、卵巣、精巣などから分泌されます。血液の流れに乗って全身を巡り、臓器や組織のはたらきを調節しています。中でも、
月経や妊娠など、女性に大きく関わっているのが卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。


 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●




ホルモンはごく微量の物質なので、少しだけ量がいつもより多かったり少なかったりするだけでも、体調を崩してしまいます。


エストロゲン(卵胞ホルモン)自体が多すぎれば、乳がんや子宮体がんになったり、子宮筋腫や子宮内膜症が悪化したりします。


月経不順や子宮内膜症、子宮筋腫、更年期の症状などは、女性ホルモンのアンバランスで起きる代表的な病気や症状です。


また女性ホルモンの乱れから排卵が起きなくなるなど、不妊につながることもあります。月経不順は女性ホルモンのバランスが崩れて、月経のサイクルに乱れが生じることで起きます。


 ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●




生理について知っている方がダイエットには有利です。
(生理がからんで失敗する人が多いので、注意点を書いてみました)
女性はホルモンバランスで体調が変わります。
食べてないのに太ったということを聞きますが、これはホルモンが関係すると言われています。




生理の時は、血液が薄くなり、どうしても体内に水分が停滞しやすくなり、むくみやすくなります。その為に体重は落ちにくくなります。しかし、実際はダイエット効果はこの間もでているといわれています。その為、生理が終わると体重は予想以上に一気に落ちることがあります。ここがとてもポイントです。


① 月経(生理)の1週間を月経期
生理前の不調を引きずりやすい時期です。エストロゲン、プロゲステロンともに低下しています。貧血気味で血行が悪くなり、身体が冷えやすくなります。肌も敏感になっていてトラブルも多く発生します。


② 生理後の1週間を卵胞期
エストロゲンの分泌が盛んになり、もっとも好調な時期です。肌にツヤやハリが増して、トラブルも減り、メイクのノリもよくなります。副交感神経が優位になりリラックスでき、気分も安定しています。一番ダイエットに適している時期です。


③ 排卵日までを排卵期
排卵期は、プロゲステロンの分泌量が増えはじめる時期で、顔がむくんだりほてったりして肌状態もあまり良くない時期になります。


④排卵日以降を黄体期
排卵日を境に黄体ホルモン(プロゲステロン)が急に増加し始めます。エストロゲンとプロゲステロンのバランスが急変する為に、精神的にも不安定になります。交感神経が優位になるので活発になります。皮脂の分泌が多くなり、シミ、ソバカス、ニキビができやすく、便秘がちになります。





*月経前症候群とは
エストロゲンとプロゲステロンの変動が関係します。ニキビ、肌トラブルや下腹部が張ったり、冷え、便秘、下痢、食欲の増加に悩まされます。この時期は体調管理に気を配ってください。


●エストロゲン(卵胞ホルモン)
美容に関係するホルモンです。生理が終わり排卵日まで少しずつ増加していくホルモンです。コレステロールや自律神経のバランスを整えたり、体脂肪をたくわえたり、女性らしい体をつくりだします。コラーゲンを増す働きもあり、肌にうるおいやハリを与えてくれます。



エストロゲンは月経や妊娠にかかわるばかりでなく、血管や骨、皮膚と女性の体に大きく影響します。
脳内でもエストロゲンは大きく働きます。記憶・思考そして神経伝達物質にも影響を及ぼします。


神経伝達物質(エストロゲンが多い時(月経が終わって1週間ほどたった排卵期)に分泌量が増えます。これらが増えることで脳全体が活性化します。
ドーパミン:やる気を起こさせます。
セロトニン:こころを落ち着かせます。安定感がでます。
βエンドルフィン:「気分いいな」と思う時でる快感ホルモンです。
アセチルコリン:認知機能を高めます。
ノルアドレナリン:意欲が出ます。テンションを上げます。(*但し、いやだなと思う時にもでます)


カテコールアミン(副腎髄質ホルモン)
主に脳,副腎髄質および交感神経に存在する生体アミンの総称で,生体内ではドーパミン,ノルアドレナリン,アドレナリンの3種が知られています。


アセチルコリン
脳内にある神経伝達物質のひとつで、収縮する刺激を筋肉に伝える働きを持っています。「アセチルコリン」は副交感神経の末端から分泌されます。副交感神経と交感神経のバランスが崩れることで様々な全身症状があらわれます。

アドレナリンやノルアドレナリンの分泌も少なくなると、相対的にアセチルコリンの働きが強くなり、その結果として神経伝達物質のバランスが崩れるというわけです






●プロゲステロン(黄体ホルモン)
妊娠に関するホルモンです。排卵後から生理前までに少しずつ増加するホルモンで、体温を上げる働きがあり、皮脂の分泌も盛んになります。ニキビやシミができやすく、身体に水分を保持したり、食欲を盛んにします。





冷えやむくみについて
生理中は冷えやむくみが多くなります。体全体が貧血気味になります。冷えれば当然ながら体の循環は悪くなり、むくみが血管を圧迫して血液の流れを悪くしてしまい、むくみ成分を流すことができません。体重がうまく減らない時は、むくみが関連しているのです。水分で太ることはありませんので、むくみが解消すれば体重は一気に減ります。その為にもリンパケアを覚えるのがダイエットには効果的です。





昨年は中国の上海から「とてもひどい生理痛の改善」目的で、月1回ペースで半年間通ってくださった女性のお話を中心に書きました。だいぶ生理痛の方も改善してきたので、次回の来院は5月の帰国時ということになりました。それまでは、少しでも楽になっていて欲しいです。


2011/03/21 18:11 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。